日本料理旬花ブログ

  1. >
  2. >
  3. 今はもう造っていない「軽井沢」

今はもう造っていない「軽井沢」

20190903130818-46975d0a6fcea3055156b3b91d6ff51c83ca4d4d.jpg

旬花ですm(_ _)m

旬花ではお飲み物のメニューではお客様のお好みやリクエストに出来る限りお答えしたいと思っております。

ウイスキーはこれまではジャパニーズウイスキーとスコッチウイスキーとバーボンウイスキーをご用意しておりました。

ですがやはりこの時代の流れもございますので遂に!旬花でもハイボールをお出ししますっ!!

ここで旬花からご提案させて頂きますのは、ハイボールのウイスキーも色々と選んで頂けます!という点です(o^_^o)

通常はイチローズモルトのモルト&グレーンでご用意しておりますが、竹鶴のピュアモルトや山崎NVや白州NVもご用意しております!

更にサントリーから新発売の世界5大ウイスキーのブレンディング「碧」もご用意してございます。

スコッチウイスキーもバーボンウイスキーも今まで以上に品揃えを厚くしておりますので是非ウイスキーも召し上がって頂きたいと思いますm(_ _)m


 さて、長くなってしまいましたがジャパニーズウイスキーで忘れてはならない存在がまだ居ました!

そうです!あの今は閉鎖してしまった軽井沢蒸留所の「軽井沢」です。

このウイスキーはとても美味しく力強さがあり、それでいて味わい深いコクが・・・いつまでも続く余韻・・・。

こちらはそのままを味わって頂きたいと思いますm(_ _)m

旬花には僅かな量しかございません。

私も大好きなウイスキーです!


【 軽井沢蒸留所(閉鎖)】
かつてメルシャンが所有していたモルトウイスキーの蒸溜所。ゴールデンプロミス種麦芽とシェリー樽熟成にこだわり、浅間山水系の水を用いて木桶で発酵。4基の比較的小さいポットスチルで丁寧に蒸溜され、蔦で覆われる貯蔵庫でゆっくりと熟成される。

貯蔵庫が蔦で覆われているというのは世界的にも稀なケースだが、この蔦が貯蔵庫内の温度と湿度を一定に保つ手助けをしていると言われ、軽井沢の冷涼な気候と相まってウイスキーにとって理想的な熟成環境を生み出している。

2012年に蒸溜所は完全に閉鎖。ポットスチルなどの設備は全て取り払われ、貯蔵庫に眠るストックも全て売却された。そのためオフィシャルボトルのリリースは全くなく、現在はいくつかのボトラーから限定リリースというかたちで流通している。しかし、その希少性と味わいが再評価されたため世界的な人気が高まり、今ではたいへん入手困難な銘柄のひとつとなっている。


蒸溜所名称 軽井沢ウイスキー蒸留所

蒸溜所所有者 メルシャン株式会社>キリンビール株式会社
蒸溜所所在地 長野県御代田町馬瀬口1795-2
稼働期間      1955年~2011年11月6日
製造品目      モルトウイスキー
主な製品      軽井沢シングルモルト10年、軽井沢シングルモルト12年、など

(2019年6月25日 13:07)
日本料理旬花
日本料理旬花 公式ページ

善光寺表参道 大門町の「ぱてぃお大門」三階建の楼閣の2階が日本料理旬花です。
御予約で個室を御用意しております。 各部屋とも畳に椅子とテーブルでゆっくりと懐石料理をお楽しみ頂けます。

カテゴリ

月別の記事