日本料理旬花

飛露喜 特別純米 無濾過 (福島県)

20130929_191650.jpg

廣木酒造本店 福島県

ほんわりとした甘み、そして若干の苦味がアクセントに。
果実味というよりは米らしい甘み・旨みです。
柔らかい味わいの枠組みの中に、ふくらみを持つ甘さや旨みの要素が静かに溶け込んでいます。
さりげなくふくよかさを感じさせる含み香が、飛露喜の味わいの豊かさを象徴しています。

創業は江戸時代中期の文政年間。かつて会津若松と新潟を結ぶ越後街道沿いの宿場町として振るわいを見せた地で酒造りを続けている。
1996年、19年勤めた杜氏が高齢のため引退。翌年、先代である実父と造りを始めるが1年後にその実父が逝去。心の準備もないまま廣木健司さん(34歳)は蔵を継いだ。
1999年突然現れた "飛露喜" は、瞬く間に地酒ファンの間で噂になる。
現在、「飛露喜」は引く手あまたで、蔵にも在庫はない。
「一歩でも自分の酒造りの質を向上させたい」と、毎年夏には少しずつ蔵を改修。
席を見据えた酒蔵造りにまい進している。一升瓶のラベルの文字は蔵元のお母さん、廣木浩江さんの手によるもの。

日本酒 『飛露喜特別純米』
■原料:米・米麹(山田・五百万石)
■日本酒度:+3
■酸度:1.6
■精米歩合:50%・55% 
■アルコール度:16.8


問い合わせ
メニュー
懐石料理
黒毛和牛しゃぶしゃぶ
旬花のしゃぶ蕎麦
飲み物
お持ち帰り弁当
天ぷら 隠れ旬花
お祝い・ご法事
懐石弁当
おせち
 電話番号
ご案内
旬花について・アクセス
旬花の器について
ご予約お問い合わせ
旬花のブログ