日本料理旬花

菊姫 特別純米酒 鶴乃里(石川県)

20130929_191801.jpg

歴史と共に生き、古来から芳醇な美酒と称される「加賀菊酒」の伝統を受け継ぎ、「コク豊かで品格のある風味」をコンセプトに、本物の味わい追求した菊姫最高の純米酒です。

酒名の「鶴乃里(つるのさと)」は、菊姫のある白山市の旧地名・鶴来町をイメージしてと命名されています。

原料米には、兵庫県吉川町特A地区産の特上クラスの山田錦を全量に用いて、純米らしい旨みを追求するため精米はあえて65%に留め、麹蓋で丁寧に仕上げられた麹と山廃酒母を使用し、総米1t仕込みの「超吟」レベルでキメ細かな管理の下、丁寧に醸し上げています。

そして、低温で一夏かけてじっくりと熟成させ、厳選された酒米の旨味をたっぷりと乗せてから蔵出しされます。

味にふくらみがあり、厚みのある旨みとキリッとした爽やかな酸が調和したバランス良い美味しさ。純米らしい豊かなコクと旨味を持ちながら品格のある風味に仕上げています。

また、国内初の公的な清酒の地理的表示である「白山菊酒」の認証を受け、日本酒の素晴らしさ、真の美味しさを世界に伝えるために造られた純米酒でもあります。

鍋物や脂の乗った料理など濃い味の料理との相性がよく、食を引き立てながら酒の個性も主張できる酒です。


■原料米:兵庫県特A地区吉川町産 山田錦
■精米歩合:65
■アルコール度:16~17
■発売:11月(年一回)

問い合わせ
メニュー
懐石料理
黒毛和牛しゃぶしゃぶ
旬花のしゃぶ蕎麦
飲み物
お持ち帰り弁当
天ぷら 隠れ旬花
お祝い・ご法事
懐石弁当
おせち
 電話番号
ご案内
旬花について・アクセス
旬花の器について
ご予約お問い合わせ
旬花のブログ