日本料理旬花

作 玄乃智

20131027_194226.jpg

<造り>
酒造りに非常に適する鈴鹿山脈の清冽な伏流水と、伊勢平野の良質な米を贅沢に使用し、歴史が培った至高の技術で醸しています。

<香り>
フルーツ系(青りんご、柑橘系)

<味わい>
きりっとした酸味とシャープな味わいが、食との調和をスムーズに演出します。
甘辛:やや辛口、お酒のタイプ:シャープ

<おいしいお召し上がり方>
飲み頃温度:10℃(花冷え)、45℃(上燗)

<商品名由来>
「玄」は微妙で奥深く、全ての根源という意味を持ちます。原点の味わいを現代の姿で表現しました。
「智」は杜氏・内山智広の名前から一字を取りました。自分の分身となるような酒を追求する姿勢を表しています。

<蔵元からのメッセージ>
原点とも言うべき7号酵母を使用しました。現代日本の食卓に並ぶ料理のメニューを考えたときに、その多彩な嗜好に合わせるためには、どういう味わいの日本酒が必要かを追求しました。

問い合わせ
メニュー
懐石料理
黒毛和牛しゃぶしゃぶ
旬花のしゃぶ蕎麦
飲み物
お持ち帰り弁当
天ぷら 隠れ旬花
お祝い・ご法事
懐石弁当
おせち
 電話番号
ご案内
旬花について・アクセス
旬花の器について
ご予約お問い合わせ
旬花のブログ