日本料理旬花

季節のご案内

季節のご案内

七五三

三歳の男女、五歳の男子、七歳の女子が11月15日にお宮参りをし、子供の成長を祝う行事です。
子供達は晴れ着に身を包み、千歳飴〔ちとせあめ〕を持って家族に連れられ、各地の神社にお参りし、記念撮影するのが一般的です。

七五三は子供の成長を祝い、子供自身にもその自覚を与えるためのものです。子供に持たせる千歳飴には、子供が元気によく成長するよう、また長生きするように、という願いがこめられています。

古来の七五三の形は「髪置き〔かみおき〕」、「袴着〔はかまぎ〕」、「紐落し」、「帯解き〔おびとき〕」と呼ばれ、各地各様に男女とも行われていました。

髪置きは2〜3歳の間に行われ、その日を境にそれまで剃って短いままだった子供の髪を伸ばし始める儀式でした。袴着は3〜7歳の子供が、初めて袴〔はかま〕をつける儀式でした。紐落しは5〜9歳の間に、それまで着物を留めるのに使っていた紐を帯に変える儀式で、帯解きとも呼ばれました。

江戸中期、呉服屋がこの3つの行事を商業政策として取り入れ、1つにまとめ、江戸の町で宣伝しました。これが今日の七五三の原型だと言われています。そして武家や有力商人などの間で流行したものが、明治以降庶民に普及しました。

昔は医療・衛生的に未発達で乳幼児の死亡率が高く、成長する子供は幸運とされていました。そのため「七つ前は神のうち」といわれ、7歳未満の子はまだ神に属するものとされ、神がその運命を決めると考えられていました。そこで人々は数々の儀礼を行うことで、子供の無事な成長を祈りました。そして7歳の祝いはその不安定な時期を乗り越えた節目の儀礼であったため、特に7歳の祝いを重視する地方は多かったようです。

神社で祝詞〔のりと〕をあげ、お祓いを受ける場合と、ただ参拝してお賽銭〔さいせん〕をあげて子供の成長を祈願する場合とがありますが、現在は後者が多いようです。また、お参りする日も11月15日にこだわらずその前後に、都合に合わせて行く人も多いようです。北の地方では1ヶ月繰り上げて10月15日にお祝いする慣習もあります。

正式な服装は、3歳の女子は肩揚げをした着物に、帯を結ばず「被布」〔ひふ〕という朱赤のベストのようなものを羽織ります。3歳、5歳の男子は紋つき羽織に仙台平〔せんだいひら〕の袴、7歳の女子は揚げをした本裁ちの着物にかかえ帯です。ただ現在では子供が晴れ晴れとした気分でいられるよう、疲れない服装、無理のないスケジュールで祝うことが多くの本で推奨されています。

陰暦 霜月(11月)の由来。

11月は、この頃から一段と寒さを増して霜が降ります。
霜降る月で「しもつき」になったらしいのです。

「霜降り月・霜降月(しもふりつき)」の略とする説が有力とされています。
その他、霜月の語源は十は満ちた数で一区切りなので上月になり
それに対して下月で「霜月」になったとする説や、「神無月」を「上な月」と考えて「下な月」で
「霜月」になったとする説など、上下の「下」とみる説があります。
「食物月(をしものつき)」の略とする説や「摺籾月(すりもみづき)」の意味など諸説ありますが、
いずれも有力とはされていないようです。

店主からのご挨拶

店主

霜月です。
11月になり朝晩めっきり冷え込むようになりました。
こうも寒くなりますと「こたつ」にあたりたくなってしまいますね。
 
 さて、そんな中本年も善光寺さんで七五三の可愛いお子様達がたくさんいらしていて賑わっています。
毎年笑顔がこぼれる光景です。
善光寺さんでは七五三健全育成祈願法要が行われています。

11月18日には落語家の「柳家三三師匠」をお迎えしまして旬花寄席です。
今回も早々に売り切れにして頂きましてありがとうございますm(_ _)m
三三師匠の躍動感溢れる落語が待ち遠しいです!

本来でしたら北信濃の山々の紅葉も見ごろ真っ盛りの筈ですが今年は台風の影響もありましたのでどうでしょうか?
飯綱・戸隠・黒姫と色づいては来ています。
ですが山は肌寒いので暖かな服装でお出掛け下さい。

寒くなって参りましたので風邪などひかれませんようお身体にお気をつけ下さい。

11月は、「晩秋から初冬へ」をテーマにした懐石料理を御用意してお待ちしております。

今月は「大信州 純米吟醸 超辛口(日本酒・長野県)」「百年の孤独 (麦焼酎・宮崎)」をお勧めしております。

是非ご賞味下さい。

旬花の器

旬花の器

旬花では、店主が焼いた器でお料理をお出ししています。
お食事を少しでも楽しく特別な時間にして頂けるよう、
当店のお料理を、当店の器で飾ってお出ししています。

こちらのページで、店主制作の器をご覧頂けます。

問い合わせ
メニュー
懐石料理
黒毛和牛しゃぶしゃぶ
旬花のしゃぶ蕎麦
飲み物
お持ち帰り弁当
天ぷら 隠れ旬花
お祝い・ご法事
懐石弁当
おせち
 電話番号
ご案内
旬花について・アクセス
旬花の器について
ご予約お問い合わせ
旬花のブログ