日本料理旬花

季節のご案内

季節のご案内

1月7日 人日の節句   [七草の節句]

七草粥の日として知られる正月のお節句

3月3日、5月5日と、同じ数字が並ぶ5節句の中の唯一の例外は、1月7日の人日(じんじつ)の節句です。1月1日から行なわれる様々な新年行事がひと段落ついたころ、この日は七草粥を食べる日としてよく知られています。
人日とは、文字通り "人の日" の意味。その昔中国で記された書には、正月1日に鶏、2日に狗、3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀を占ってその日が晴天ならば吉、雨天ならば凶の兆しとあったとのこと。ですから7日の人の日には邪気を祓うために七草の入った粥を食べ一年の無事を祈ったのだといわれています。

七草粥に入れるのは春の七草です。
でもお正月には、まだ野草は芽吹いていないのでは?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。かつての旧暦での正月は、現在の2月頃。まだ寒さも厳しいながら、陽射しには春を感じるころです。長い冬が終わりに近付き野に出て春いちばんの息吹きを持ち帰る、七草粥の行事は新しい年が始まる喜びの行事だったのではないでしょうか。

1月7日に食べる七草粥は、おせち料理で疲れた胃をやさしくいたわる、理にかなった食べ物だといえます。

春の七草

芹(せり)・・・芹
薺(なずな)・・・ペンペングサ
御形(ごぎょう)・・・ハハコグサ
はこべら・・・ハコベ
仏座(ほとけのざ)・・・タビラコ
菘(すずな)・・・蕪
須々代(すずしろ)・・・大根

陰暦 睦月(1月)の由来。

1月は新たな年を迎え親類や知人が互いに往来し
仲睦まじくする月からとする説が有力とされています。
「良かったみんな無事新年を迎えることができた」とお祝いをするのです。
人が集まり睦ぶ月で睦月と言うようです。
その他、稲の実をはじめて水に浸す月で
「実月(むつき)」が転じたとする説もあります。
元になる月で「もとつき」が「むつき」に転じたとする説もあるそうです。

店主からのご挨拶

店主

初春のお慶びを申し上げます
旧年中は一方ならぬお引き立てを賜り有難く厚くお礼申し上げます
皆様に支えられ「日本料理 旬花」は12月1日で開店14周年を迎えることが出来ました
これも一重に皆様方の温かなお力添えの賜物と深く感謝申し上げます
新しい一年が皆様にとって良い年でありますように 又本年も皆様にご満足頂ける料理を御提供すべく精進を重ねて参ります
本年も一層のお引き立ての程を宜しくお願い致します     平成30年  元旦


令和に元号が変わっての初めてのお正月。
新年を迎えていろいろと想うところがございます。
2019年は台風による災害が多発致しました。被災された皆様にお見舞いを申し上げますとともに、一刻も早い復旧・復興を心より願っております。
当店がございます信州の長野市も河川の決壊を含め大きな被害を出しました。
復興にはまだまだ時間がかかります。
その事をしっかりと胸に刻み新しい年を過ごしていきたいと思っております。

信州はようやく気温も下がり冷え込んできました。
こう寒くなってきますと美味しい熱燗で体を温めたくなってしまいます。
旬花では新年を祝うと共に良い年になるように祈念致しまして美味しいお酒と正月のお料理をご用意致します。


 今月は「作(ざく) 純米吟醸 (日本酒・三重県)」幻の焼酎「邪馬美人 (焼酎・大分)」をお勧めしております。

是非ご賞味下さい

旬花の器

旬花の器

旬花では、店主が焼いた器でお料理をお出ししています。
お食事を少しでも楽しく特別な時間にして頂けるよう、
当店のお料理を、当店の器で飾ってお出ししています。

こちらのページで、店主制作の器をご覧頂けます。

問い合わせ
メニュー
懐石料理
黒毛和牛しゃぶしゃぶ
旬花のしゃぶ蕎麦
飲み物
お持ち帰り弁当
天ぷら 隠れ旬花
お祝い・ご法事
懐石弁当
おせち
 電話番号
ご案内
旬花について・アクセス
旬花の器について
ご予約お問い合わせ
旬花のブログ