日本料理旬花

季節のご案内

季節のご案内

7月7日 七夕

七夕(たなばた)は、各地でさまざまなお祭りや行事がおこなわれる夏の風物詩です。
七夕は桃の節句や端午の節句と並ぶ五節句のひとつです。

 七夕といえば、竹笹の枝に色とりどりに飾られる、願いをこめた短冊が思い浮かびます。また、牽牛と織女が年に一度逢瀬をはたす物語を誰もが知っているでしょう。7月7日には、日本の各地でさまざまなお祭りや行事がおこなわれます。

天の川をはさんできらめく牽牛星・織女星の物語。いまから2000年前にはすでに中国で成立していた伝説だといわれています。機織りに励んだ天上の織女にちなんで、星に技芸の上達を祈る「乞巧奠(きこうでん)」という宮中行事が生まれ、日本へと伝わりました。

こうして7月7日の行事である七夕は、日本では奈良時代に宮中の行事としてとりおこなわれるようになりました。もっとも、乞巧奠の伝来以前の日本にも、7月7日にけがれをはらう行事があったといわれています。古事記に記された、天から降り立つ神のために美しい衣を織る棚機女(たなばたつめ)の伝説も、中国の織女の伝説と重なるものがあったはずです。

江戸時代になると、七夕の行事は民間にも広がります。笹竹に短冊をかざるスタイルもこのころ定着したようです。日本古来の伝承や風習と、中国の行事がうまく混ぜあわさったからこそ、七夕はいまでも日本の各地にさまざまな形で、大切に伝えられているのかもしれません。

陰暦 文月(7月)の由来。

七月(文月)は、七夕で歌を書いて文を添えることから
「文披月(ふみひらきつき)」からというらしいのです。
物を感じ歌に思いをしたためる・・・・・情緒かあっていいですね。

短冊に歌や字を書き、書道の上達を祈ったそうです。
七夕の行事に因み「文披月(ふみひらきづき)」が転じたとする説が有力とされています。
その他、陰暦七月が稲穂が膨らむ月であるため
「穂含月(ほふみづき)」「含月(ふくみづき)」からの転とする説もあるそうです。
稲穂の膨らみを見る月であるため「穂見月(ほみづき)」からの転とする説もあるそうです。

店主からのご挨拶

店主

7月になりました。

一年の半分が過ぎ折り返し地点ですね。

今年も全国的に梅雨の雨が長いです。

そしてまた雨の量が多くて驚いています。去年のような災害にならないように願うのみです。。

 さて、コロナショックの影響の大きい上半期が過ぎてあっと言う間に7月ですがお正月に立てた目標は順調に進んでいらっしゃいますでしょうか?

旬花では初夏より少しずつ年末のおせち料理の準備が始まります!

今年も数量限定でおせち料理をご用意させて頂きますm(_ _)m

 さて、7月に入ってからの長野はまだ梅雨の中です。

九州地方は豪雨による災害が心配ですし、東海地方も大雨の予報ですのでくれぐれもお気を付けください。

長野は梅雨の雨が多く気温も高くて蒸し暑い毎日が続いております! 連日のように真夏日が続くのでしょうか?

盆地の長野はどんどん暑さを増していきます。 涼しい対策をしっかりとしたいですね!

 そして旬花からお知らせなのですが、8月21日金曜日に旬花落語会を開催させて頂きます!
お越しくださる師匠は春風亭柳朝師匠です!落語会の後は恒例の師匠を囲んでお食事会です!
どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

 今月は「本金 頒布会シークレット酒」という日本酒をお勧めしております。
このシークレット酒は白麹でのチャレンジです!
心地良い香りと旨味と酸が見事に調和しています!

長野県は諏訪のお酒です。 心に響く美酒です。

是非ともお飲み頂きたい逸品でございます。

 
 蒸し暑い日々が続いておりますがエアコンで夏風邪などひかれませんようお身体にお気をつけ下さい。

7月になりましたので、「夏・涼」を表現した懐石料理を御用意してお待ちしております。

今月は「本金(日本酒・長野県諏訪市)」「今錦 (日本酒・長野県上伊那郡中川村)」をお勧めしております。

是非ご賞味下さい。

旬花の器

旬花の器

旬花では、店主が焼いた器でお料理をお出ししています。
お食事を少しでも楽しく特別な時間にして頂けるよう、
当店のお料理を、当店の器で飾ってお出ししています。

こちらのページで、店主制作の器をご覧頂けます。

問い合わせ
メニュー
懐石料理
黒毛和牛しゃぶしゃぶ
旬花のしゃぶ蕎麦
飲み物
お持ち帰り弁当
天ぷら 隠れ旬花
お祝い・ご法事
懐石弁当
おせち
 電話番号
ご案内
旬花について・アクセス
旬花の器について
ご予約お問い合わせ
旬花のブログ