日本料理旬花

季節のご案内

季節のご案内

端午の節句

端午(たんご)の節句は、奈良時代から続く古い行事です。
端午というのは、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、5月に限ったものではありませんでした。しかし、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことになったとも伝えられます。
 そのころの日本では季節の変わり目である端午の日に、病気や災厄をさけるための行事がおこなわれていました。古く中国では、この日に薬草摘みをしたり、蘭を入れた湯を浴びたり、菖蒲を浸した酒を飲んだりという風習があったことから、日本の宮廷でもさまざまな行事が催されました。厄よけの菖蒲をかざり、皇族や臣下の人たちには蓬(よもぎ)などの薬草を配り、また病気や災いをもたらすとされる悪鬼を退治する意味で、馬から弓を射る儀式もおこなわれたようです。

端午が男の子の節句になった訳は?

古来から行われていた宮廷での端午の行事は、江戸時代にはいると、5月5日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が、式服で江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じるようになりました。また、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて祝いました。
 時代の変遷のなかで、薬草を摘んで邪気をはらうという端午の行事が、男の子の誕生の祝いへと結びついていったと考えられます。やがてこの風習は武士だけでなく、広く一般の人々にまで広まっていきます。はじめは、玄関前に幟や吹き流しを立てていたものが、やがて厚紙で作った兜や人形、また紙や布に書いた武者絵なども飾るようになっていったのです。さらに江戸時代の中期には、武家の幟に対抗して、町人の間では鯉のぼりが飾られるようになりました。

陰暦 皐月(5月)の由来

皐月は、現代の暦では6月にあたります。 
「皐月晴れ」とは梅雨の晴れ間をさしているらしいのです。
もっと言うと「五月雨(さみだれ)」は六月の長雨の
梅雨の時期を言っているそうです。

5月は田植えの季節。早苗月から「さつき」というそうです。
田に苗を挿す、だから「さつき」や、耕作を意味する古語「さ」から稲作の月として
「さつき」になったとも。

早苗を植える月「早苗月(さなえづき)」が略され
「さつき」になったとする説もありますが、「早苗」の「さ」も
耕作の「さ」が語源とされています。
漢字「皐」には、「神に捧げる稲」という意味があるため皐月が当てられたと思われます。

植物のサツキは、「五月に咲くツツジ」という意味から
「サツキツツジ」と呼ばれるようになり略され「サツキ」となった説もあるそうです。

店主からのご挨拶

店主

令和元年です。

天皇陛下のご即位おめでとうございます。

さて、5月になりまして新緑の季節です。

今年の長野は雪は少なかったですが寒さが続きましたので春の訪れがあっという間に一気に駆け抜けて行ってしまった様な気がします!

桜もあっという間でしたが見事に開花し満開で咲き誇りました。 

旬花の周りの木々はすでに青く柔らかい若葉をつけています。

新緑がとても綺麗で、鶯が鳴いております。

日差しも少しずつ強くなってきましたので間もなく初夏の風が吹いてくるのではと思います。

そして今年は10連休のゴールデンウイークですね!

善光寺表参道では「善光寺花回廊」の花のイベントやアートの展示が行われます。

花がとても美しく沢山のお客様で賑わいますが、一方では渋滞や駐車場街待ちの車の列が凄いです!

そういったことも想定しながら是非お気をつけて信州にお出掛け下さい。

お天気は良さそうですね。

 
 暖かくなり涼しくなりの毎日ですが、風邪などひかれませんよう体調管理にお気を付け下さい。

今月は「飛露喜 特別純米 (日本酒・福島県)」「森伊蔵 (芋焼酎・鹿児島県)」をお勧めしております。

是非ご賞味下さい。

旬花の器

旬花の器

旬花では、店主が焼いた器でお料理をお出ししています。
お食事を少しでも楽しく特別な時間にして頂けるよう、
当店のお料理を、当店の器で飾ってお出ししています。

こちらのページで、店主制作の器をご覧頂けます。

問い合わせ
メニュー
懐石料理
黒毛和牛しゃぶしゃぶ
旬花のしゃぶ蕎麦
飲み物
お持ち帰り弁当
天ぷら 隠れ旬花
お祝い・ご法事
懐石弁当
おせち
 電話番号
ご案内
旬花について・アクセス
旬花の器について
ご予約お問い合わせ
旬花のブログ