日本料理旬花

季節のご案内

季節のご案内

節分 2月3日 豆まき

2月3日は節分の日です。

「節分」は本来、季節の移り変わる時の意味で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を指していました。
特に立春が1年の初めと考えられることから次第に、「節分」といえば春の節分を指すものとなりました。
立春を新年と考えれば、節分は大晦日にあたり、前年の邪気を祓うという意味をこめて、追儺(ついな)の行事が行われていたわけで、その一つが「豆まき」です。
追儺とは悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う行事のことで、平安時代、陰陽師たちにより宮中において大晦日盛大に行われ、その後、諸国の社寺でも行われるようになった。古く中国に始まり、日本へは文武天皇の頃に伝わったといわれています。

一般的には、豆まきは年男(その年の干支を持つ生まれの人)、または、一家の主人が煎った大豆をまき、家族は自分の歳の数だけ豆を食べるとその年は、病気にならず長生きすると言われています。

陰暦 如月(2月)の由来。

2月は、寒さで着物を更に重ねて着ることから
「着更着(きさらぎ)」とする説が有力とされています。
その他、気候が陽気になる季節で、「気更来(きさらぎ)」
「息更来(きさらぎ)」とする説もあります。
草木が生えはじめる月で「生更木(きさらぎ)」とする説もあります。
草木の芽が張り出す月で「草木張り月(くさきはりづき)」
が転じたとする説もあります。

店主からのご挨拶

店主

2月を迎えました。

驚くほど暖かいですねぇ! 長野にお越しの皆様、信州には雪がありませんよ!

暖冬という言葉が怖いと思ったのは初めてです。

もう今から夏の米作りに影響が出る話や農作物も不作であろう話が飛び交っています。

ここ数年は冬でも長野市街地には雪が無い状況です。
スキー場の雪不足も深刻な状況で、今年の冬期で閉鎖のスキー場も最後の営業に雪が無くて困っておられます。

北海道や東北も記録的な暖冬で、雪が全然積もっていないことがニュースになっておりました!
お米にとって雪解け水は重要です!

ですので旬花のお部屋からも雪景色は全く眺められませんでした。。


 さて、善光寺さんでは今年も「長野冬季五輪記念 灯明まつり」が開催されます。

雪と明りのコラボレーションが何とも言えないほど美しいことと思います。

 ご紹介致しました長野灯明まつりは、長野オリンピックの開催を記念し、2004年から装いを新たに始まったお祭りです。オリンピックの「平和を願う精神」を後世に遺してゆくため、世界に向けて「平和の灯り」を力強く発信しています。
善光寺を、五輪の色にちなんだ光で照らす「善光寺・五色のライトアップ」善光寺参道に平和への想いが込められた光のアートが並ぶ「ゆめ灯り絵展」大きな光と小さな光を灯して、世界の平和を祈ります。

 
 今月は蒸留酒の「竹鶴ピュアモルトハイボール(ウイスキー・ニッカ)」 「山崎ノンエイジシングルモルトハイボール (ウイスキー・サントリー)」 「耶馬美人 (米焼酎・大分県)」をお勧めしております。

他にも「ヨーグルト酒」「柚子酒」「梅酒」など色々とございます。

女将がおすすめ致しますので是非ご賞味下さいm(_ _)m

旬花の器

旬花の器

旬花では、店主が焼いた器でお料理をお出ししています。
お食事を少しでも楽しく特別な時間にして頂けるよう、
当店のお料理を、当店の器で飾ってお出ししています。

こちらのページで、店主制作の器をご覧頂けます。

問い合わせ
メニュー
懐石料理
黒毛和牛しゃぶしゃぶ
旬花のしゃぶ蕎麦
飲み物
お持ち帰り弁当
天ぷら 隠れ旬花
お祝い・ご法事
懐石弁当
おせち
 電話番号
ご案内
旬花について・アクセス
旬花の器について
ご予約お問い合わせ
旬花のブログ