日本料理旬花

季節のご案内

季節のご案内

重陽の節句 9月9日 (10月中旬)

9月9日を重陽の節句というわけは?

重陽の節句の起源は、ほかの節句と同様で古来中国にさかのぼります。中国では、奇数は縁起のよい陽の数とされ、一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を、「重陽」として節句のひとつとしてきました。

中国ではこの日、菊の香りを移した菊酒を飲んで邪気を払い長命を願うという風習がありました。これが日本に伝わり、平安時代には「重陽の節会(ちょうようのせちえ)」として宮中の行事となりました。
その後明治時代までは庶民のあいだでもさまざまな行事が行われていたといいますが、残念ながら今では私たちの日常生活とは縁遠くなってしまいました。

旧暦の9月9日というと現在では10月中旬にあたり、ちょうど田畑の収穫も行われる頃、農山村や庶民の間では栗の節句とも呼ばれて栗ご飯などで節句を祝ったということです。
さかんに行われていた重陽の節句が、現代に引き継がれていないのは、旧暦から新暦にこよみが移り、まだ菊が盛んに咲く時期ではなくなってしまったことが大きいのかもしれません。

陰暦 長月(9月)の由来。

◆長月(ながつき)
九月は、辺りの木々すっかり色づき紅葉の頃。
空気も澄み切っていますから夕暮れが美しい!
しかしあっという間に辺りは暗くなる
「秋の陽のつるべ落とし」というくらい。
夜が長くなる、夜長月(よながつき)から来ていると言います。

語源は諸説あり
新暦の十月上旬から十一月の上旬にあたり
夜がだんだん長くなる「夜長月(よながつき)」の略とする説。
その他、雨が多く降る時季であるため
「長雨月(ながめつき)」から「長月」になったとする説。
「稲刈月(いなかりづき)」「稲熟月(いなあがりつき)」
「穂長月(ほながづき)」の約や、稲を刈り収める時期のため
長月の「長」は稲が毎年実ることを祝う意味からといった説。
「名残月(なこりのつき)」が転じたとする説などがあります。
この中でも「夜長月」の略で「長月」になったとする説とする説は
中古より広く信じられている説で最も有力とされています。

店主からのご挨拶

店主

9月 初秋を迎えました。

今年の夏はまさに「猛暑」でした!
「観測史上初」ですとか「生活するのに危険な暑さ」という言葉がたくさん飛び交いました。
そして豪雨による災害や被害が多発しております。
更に「非常に勢力の大きな台風」も自然の猛威を振るって傷跡を残していきました。

今後は自然とどう付き合っていくのかの心構えを根本的に変えていく必要があるのだと痛感致しました。
農産物や鮮魚も豪雨災害の影響で大きく影響が出ている状況です。

穏やかな秋はまだ先のようですね。

それでも朝晩は風がやや冷たく感じる頃です。

そうなりますとやはり山々の紅葉の季節になって参りますね。

善光寺さんも少しづつ秋の装いになってまいりました。

そして秋といえば「味覚の秋」でございます。
旬花では「松茸」「栗」「イクラ」「鱧」「きのこ」など、秋の食材をふんだんに使ってまいります。

この秋は是非とも旬花で味覚を満喫していただきたいと思います。

 朝晩の気温差が大きくなってまいりました。風邪などひかれませんようお身体にお気をつけ下さい。

9月は、「秋の訪れ」を表現した懐石料理を御用意してお待ちしております。

今月は「黒龍(日本酒・福井県)」「森伊蔵 (芋焼酎・鹿児島)」をお勧めしております。

是非ご賞味下さい。

旬花の器

旬花の器

旬花では、店主が焼いた器でお料理をお出ししています。
お食事を少しでも楽しく特別な時間にして頂けるよう、
当店のお料理を、当店の器で飾ってお出ししています。

こちらのページで、店主制作の器をご覧頂けます。

問い合わせ
メニュー
懐石料理
黒毛和牛しゃぶしゃぶ
旬花のしゃぶ蕎麦
飲み物
お持ち帰り弁当
天ぷら 隠れ旬花
お祝い・ご法事
懐石弁当
おせち
 電話番号
ご案内
旬花について・アクセス
旬花の器について
ご予約お問い合わせ
旬花のブログ